2016年02月17日

ブログを引っ越します。

あけましておめでとうございます。

って、今更ですが。

仕事やSNSであちこちになんらか記事を書いたり更新したりはほぼ毎日しているのですが、書く場所がいろいろ増えてくると、おろそかになってくる部分もありまして、さらに一番大きく名刺にも書いているメインであるはずのサイトがFLASHのまま長らく放置していたりだったので、とりあえずまとめられるところはまとめていこうと、メインサイトをリニューアルしました。

今後は仕事のことだけでなく洋裁のことや趣味のことなどもこちらに書いていく予定です。

イヅツ.インフォ

長年やってきた甲斐あってか、こちらのブログを通じて知り合った方もいたり、なかなか会えない友達が見てくれていたり、偶然見に来てくれている人もいらっしゃったりで本当に感謝です。

人から「ブログ見たよ」と言われるのが嬉しくもあり、こっぱずかしくもあり、甘酸っぱい思い出もいっぱい詰まったブログで、私としても愛着があるのですがこのまま消すわけでもなく放置となり続けるよりはお知らせしておこうと思いました。


引き続き、イヅツ.インフォのサイトでよろしくお願いします。



posted by atsu at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

自家製アンチョビの作り方

まずはお日柄の良い日を選んで、

18.jpg

釣りに行きます。自然相手なので釣れない日もあります。



19.jpg

うろこ雲が綺麗な秋の空でした。



20.jpg

灯台とツーショット。

鳥さんがたくさん海のそばにたくさんいる日はよく釣れます。

難しい釣りはできないですが、サビキだったら誰でも楽しめるし忙しいけどほんと楽しい。

釣りをやってみようと思ったのはここ数年ですが、私でもできるなら私もやってみたいとか言うてくれる人もいて、いろんな人たちと釣りを楽しみました。


21.jpg

引きでも鳥はかっこいい。

ここはフェンスもあって安全だからちびっ子ちゃんがいるときはこの場所を選ぶことが多いです。
トイレが近くにあるほうがいいという方と一緒の場合は別の場所をチョイスします。
どうしても釣れなかった日は、秘密の場所にいったりもします。
長年神戸に住んでいたのにそんなこと知らなかったなーと、いろいろ教えてくれる釣りの師匠にも感謝です。


で、あ、そうそう。次に、


いわしをいっぱい釣ります。


家に帰ってクックパッドで「自家製アンチョビ」でレシピを探します。

いろいろやり方があるので迷います。

イワシを三枚におろしてタッパーに塩、イワシ、塩、イワシ・・・と重ねていきます。
密閉して野菜庫にいれておきます。


02.jpg

待つこと1ヵ月半。


04.jpg

ドキドキのオープンでしたが、途中で私が横から覗き見したりしてたので、綺麗に並べたはずがちょっと横に寄っていました。


03.jpg

この上澄み液がナンプラーです。炒め物などに使えます。

05.jpg

中のほうも水分が出てちゃんと塩漬けになってました。

06.jpg

40分ほど塩抜きします。

07.jpg

水気を切ってキッチンペーパーに並べます。まっすぐ丁寧に並べる写真用のキレイゴトはすぐに断念し、

08.jpg

ぎゅーっと絞ってざーっと並べました。

09.jpg

皮を頭がついていた側から尻尾側に向かってひっぱると気持ちよく剥けます。逆だと身が崩れるので注意。

ここらへんで、アンチョビが高いのは人件費だなと心の中で繰り返し思います。

10.jpg

煮沸消毒した瓶に詰めます。巻くようにいれるのがいいのか、縦にいれるのがいいのかとかどっちもやってみましたが、瓶のふちに沿わすように置いていくほうがやりやすかったです。

11.jpg

ローリエなんかもいれてみる。


12.jpg

ビシッと巻けた。


14.jpg

鷹の爪も入れてオリーブオイルを注ぎます。


15.jpg

ビシッと巻きすぎたのでオイルが全体にいきわたらない。

瓶をもうひとつ増やしてもうちょっとそれぞれ余裕を持って入れなおしました。

がんばって詰めこみすぎてはいけない。


16.jpg

乾燥したローズマリーもあったので追加してみました。

17.jpg

蓋をしてここからまた1ヶ月くらいオイル漬けだって。

待ちきれない。










posted by atsu at 18:37| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

ぬいぐるみの手術と洋服づくり

先日、とっても小さいお客ちゃんに頼まれた小さいモノづくり。

赤ちゃんの時から熊のクーちゃんがいないと眠れないらしく、いつも一緒にいるので、

919.jpg

クーちゃんはやせ細ってぐったりしてきました。

関節とかペラペラです。

まずは、そんなクーちゃんをふっくらさせてあげようと、

920.jpg

緊急オペ。

でも、そんな急に言われても内蔵がないぞうだったので、クリスマスツリーの雪の綿を使ったことは内緒です。

921.jpg

無事、縫合。

922.jpg
シャキーン!

綿を詰めすぎて、顔が変わってしまいすぎて「これ、クーちゃんじゃないっ」とか言われても困るので、ふっくら具合をお客ちゃんに確認しながら、整形していきました。

923.jpg

クーちゃんは、とっても年季のはいった服を着ていたので、新しいお洋服をとりあえず作ってあげると、お客ちゃんも大喜びしていました。

次会う時までに、新しい洋服を作ってあげる約束をしたので、もともと着ていた洋服をあずかり、パターンづくり。

405クーちゃん01.jpg

小さいので、裁断も大変です。

405クーちゃん02.jpg

アパレルCADで真面目に製図しました。

405クーちゃん03.jpg

クーちゃんは、お尻が後ろに大きく出ているので、服も立体的です。前見頃と後見頃に差をつけて、後見頃をイセることで、丸みが出ます。

着せ替えして遊ぶだろうから、端も一番細い設定にしてちゃんとロックミシンをかけています。

405クーちゃん09.jpg

服の開きは、持ち出しをつけて、マジックテープを半分の細さに切ってつけました。


405クーちゃん04.jpg

花とパールとリボンをあしらって、出来上がり!

カッターナイフを横に置いて、大きさを比較してみました。

小さくて大変なので、もうこんなの二度と作らないぞ〜と思ったものの、出来てしまえば他にも作ってあげたくなって、

405クーちゃん05.jpg

レースをつけたり、

405クーちゃん06.jpg

パールをつけたりして、

405クーちゃん07.jpg

女の子っぽいコーディネート。

405クーちゃん08.jpg

パーティー用に、ドレスも。

405クーちゃん10.jpg

お人形やぬいぐるみに服を着せて可愛い〜っ♪って、喜ぶ感性は私にはないけれど、
それを見て喜んでくれる子供を見たら嬉しくなるので、ついつい頑張ってしまいました。

自分の子じゃないので、なんていうか、おばあちゃんの気持ち。。。


そして、衝撃の事実が発覚。

クーちゃんの服、いや、服だけじゃなくクーちゃん本体もついて、

IKEAでまさかの199円。しかも税込っ!

http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/70215530/



posted by atsu at 12:05| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

留袖ドレス展示のお知らせ

10月10日まで、神戸北野にあるアンティーク着物のお店IBUKIさんで、私の留袖ドレスを展示してもらっています。

04.jpg

03.jpg

お店の場所や詳細はこちらをご覧ください。
神戸北野で留袖ドレスを展示中

ネットショップをやっていると、遠方に住んでいる人にも知ってもらえるチャンスはあるものの、人の目に触れる機会が画面上でしかないので、実店舗に置かせてもらうというのも嬉しいことだなぁと思います。

今は着物リメイクを仕事にする方向性をさぐりさぐりではありますが、模索中です。

特別な人が特別なときに着るドレスなのか、もっとリアルクローズがいいのか、それとも着物として着れるほうがいいのか。。。

とにかくいろいろやってみながら、その中でみつけていければいいのかなと思っています。

安くで買ってワンシーズンでバイバイする方向性ではないことだけは確かです。
作るのもすごく手間がかかることだけれどひとつひとつ丁寧に作っていきたいなと思ってます。


で、最近服ばかり作っていたので、気分転換に久々に革もやってみようと思って

404クラッチバッグ03.jpg

クラッチバッグを作ってみました。

404クラッチバッグ01.jpg

パンチングの革に、エナメルの革のフタをつけて、フリンジもつけました。
試作品なので自分用。自分用はあまり丁寧じゃないです。。。


404クラッチバッグ02.jpg

フリンジも、飾りを縫い付けてオリジナルにしてみました。これが一番気に入った。






posted by atsu at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

留袖ドレス第二号ができました。

留袖ドレス第二号が完成しました。
23.jpg

各パーツを体のサイズに合わせて調整できるように作ったので、背が高い人、低い人、太っている人、細い人でも着れるように工夫しています。
詳しくはこちらです。
体型に合わせて着れる留袖ドレス

先日、東京に行って来たのでそのときに留袖ドレスを持って行き、私にCADを教えてくださった服飾デザイナーの先生にアポをとって見てもらうことができました。


作品やビジネスプランについて、いろいろ相談に乗ってもらえたり、アドバイスをいただけて方向性が見えたような気がしました。
先生のもとに習いにいった期間もほんのわずかなのですが、会ってもらえるだけでもありがたいうえに、細かい部分がどうのというのではなく、モノづくりをする上で、もっと大事な言葉をたくさんいただきました。

最後には、「とにかくコツコツ続けていればいつかどこかできっかけを掴めるから、やり続けなさい。君なら大丈夫。デビューを目指すインディーズバンドのように頑張りなさい。」とおっしゃってもらえました。

滞在中お世話になっていた着物の師匠は、着物だけでなく洋裁の知識もファッションセンスもすごいので、一緒にショッピングに行って、最近見つけた素敵なセレクトショップを教えてもらったり、立体裁断の美しい服を見せてもらったり、刺激をたくさんもらいました。

私は自営業なので、「上司」にあたる存在もいないけれどこうやって一緒になって考えてくれたり、導いてくれる人たちがいることをとてもありがたく感じます。

「頑張れば必ず報われる。」って、私は若い頃は思っていましたが、
「そうとも限らないよね。」と大人になるとわかってきちゃったりしますが、
やらなかったら何もはじまらないので、やっぱり頑張ろうと思います。



で、次の作品は、生地をたっぷり使ってドレープの出るドレスを作ろうとピンを打ち始めました。

07.jpg


posted by atsu at 16:04| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

新作留袖ドレスにとりかかっています

かざるやの着物リメイクで、バッグをつくる方法をつくりました。

73.jpg

結構細かく書いたので、バッグ作るより記事つくるほうが大変だったかも。。。

着物でトートバッグの作り方 〜底鋲をつける
着物でトートバッグの作り方 〜もち手を作る
直線縫いの裏技と着物でトートバッグ本体
着物でトートバッグの作り方〜ファスナーフラップを作る
着物でトートバッグ完成〜裏地をつける

着物でなくてもいいんですけど、着なくなった着物でつくってくれると尚嬉しいです。
参考になったら、こっそりでも報告してくれるともっと喜びます。

今回のバッグは革を使ったり底鋲つけたり、フラップファスナーつけたりと凝り凝りでいきなりハードル上げましたが、多分もっと簡単なもののつくり方のほうが好まれるのかな?なんて思ったりもしています。


ものづくりをしていると、時間がいくらあっても足りなくて、次から次へと自分で勝手に宿題を増やして無駄に忙しくなってしまうのですが、好きな仕事だけで成り立つのなら幸せなことだなと最近つくづく思います。
私にはまだ、無理です。絶賛迷走中ですが、なんらか着物のこと、ハンドメイドのことに割く時間をもっと持てたらと思います。


留袖ドレスに関するお問い合わせやアクセスがわりと多いので、それもきちんとしていこうと思っているのですが、まだ1着。専門学校に通って、立体裁断を学んでもうちょっとサクサクつくれるようにしたいと思ったり、縫い子さんの人脈も欲しいので、そのように活動していかねばと思っていますがとりあえずは、自分でやらなきゃ進まないので、立体裁断用ボディを購入し、新作にとりかかりました。

403留袖ドレス.jpg

まだざっくりですが、試行錯誤中。学校で先生にアドバイスをもらったりしながら、コツコツピンを打っています。
裾に柄のあるわりと普通の留袖なので、孔雀の柄を活かして使えるように、前身頃に柄をもってきて華やかにします。

出来上がりはいつ頃かしら・・・。












posted by atsu at 16:38| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

立体裁断のお勉強

立体裁断を勉強したくて、この4月から神戸文化服装学院に週1回通っています。

858.jpg

あらふぉーだけど、どんまい。

402文化服装学院.jpg

今は、フレアースカートのパターンを作っています。
立体で作ったものを、平面のパターンにして紙に書き直すのですが、そこはやっぱりアナログよりもCADで製図しておきたいと思うのですが、そうなってくると3D CADにも興味がわいてきてしまっています。
ただ、今のところソフトが高くて手が出せない。。。

私がお金持ちになるか、ソフトの値段が下がるまでには立体裁断の知識は身についてるはずなので今はじっと我慢。

で、立体裁断の授業では大きい製図用紙を丸めていれる図面ケースが必要なのですが、年下の先輩にどんな図面ケースを使っているかきいたら、「もうちょっと長さがあるほうがほんとはいいんだけど・・・」と言ってたので、作ることにしました。

使ったのはコレ。
生地屋さんとかで生地を巻いている芯です。使い終わったちょうどいい芯があったのでこれを利用してみました。

07.jpg

太さの違う2本が必要です。というか偶然あったのでそれを使っただけなのですが。
作りたい太さと長さのある芯と、その内径と同じくらいの外径の筒です。こっちは短くてもOK。

大きいほうの芯を、フタにしたいところでのこぎりなどで切ります。

03.jpg

フタ側と本体側の長さよりも少し長めに、その外径より2mmくらい小さめの幅で細長い袋をそれぞれに縫います。袋の片方の端は手で波縫いをして絞る感じで始末しておきます。


01.jpg

そしてそれぞれに着せます。ピッチピチになるはずです。
始末していないほうの端は、内側に折り返して中に入れ込みます。


そこに、


02.jpg

小さいほうの芯をいれるのですが、完全に入れてしまわずに先を数センチほど出しておきます。



絶対に中に入り込んでしまってはダメなので、ビニールテープなどでぐるぐる巻いて、「ちょっと太いよ」くらいまでに太らせます。それをカナヅチで優しく叩いて、ほどよいところでストップします。


05.jpg

これがフタとの接続部分になります。
入れすぎてしまったので、もうちょっと出てる部分があるほうが本当はいいです。あとでやり直しました。

06.jpg

レザーなんかを使って、スナップで取り外せるように持ち手をつけて、


08.jpg

オリジナル図面ケースの完成です。ソーイングとDIYの知恵が役に立ちました。

学校に行くと、裁縫道具やノートや生地やらと持って行く道具が多いので、中でも50センチのものさしをすっぽりいれることができて、できるだけ軽いバッグが欲しくなったので、これも作ってみました。

901.jpg

900.jpg

こちらは、着物がらみで羽織をリメイクしています。

896.jpg

着物リメイクバッグのコツについては、こちらでご紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください。











posted by atsu at 18:57| Comment(2) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

宮崎 フェリーの旅

神戸〜宮崎のカーフェリーが去年からできたので、フェリーに乗っていってみました。

急に決めたけど、ギリギリ空きがあったのでゴロ寝だけど思い切ってゴー。運悪く、しつけの悪いお子様3人連れと、ガラのよろしくないおばさまに挟まれて、おばさまも相当イライラしていたようで、デッキでおばさまの愚痴聞きながら、「私だったらこうしてやるわよ」とフリだけでいいのに、なぜだか私の胸ぐらつかんできよった(怒)

401宮崎01.jpg

夜、私はどちらにもイライラしてなかなか眠れませんでした。

今となればこれも旅のおもひで。

朝は、しつけの悪いお子様に髪の毛踏まれて起きましたけど。

これも旅のおもひで・・・。

でも、フェリーの中はお風呂もあるし、レストランもあるし、お母さんのように親切な人にも会えたし、また会おうねっていう友達もできたし、楽しいことのほうが多かったので、次もフェリーで行きたいとは思っています。

そんなこんなで、翌朝宮崎に着いたら、既に宮崎入りしていた母とおじさんがお迎えにきてくれました。

401宮崎02.jpg

日南海岸、鬼の洗濯岩を通って、

401宮崎13.jpg

車で約2時間。母の実家です。

401宮崎03.jpg

とらちゃんも、

401宮崎04.jpg

鷹ちゃんも、

401宮崎05.jpg

チョコちゃんもお出迎え。

2時間ほどひととおり挨拶を済ませたら、熊本から車で来ていたおばと一緒に急遽、熊本に行くことになりました。

401宮崎06.jpg

近所のおにつか農園でいちご狩をして、

またまた車で3〜4時間移動。

401宮崎09.jpg

子供の頃以来、会っていなかった従妹にも会えて、熊本の郷土料理をご馳走になりました。

401宮崎11.jpg

夜の熊本城、かっこよかった。

で、あれよあれよとまた翌朝高速バスで宮崎に逆戻り。

401宮崎12.jpg

森岡城にも寄って、やっと母の実家でゆっくり。

401宮崎23.jpg

おばが採ってきてくれたミナという貝やら、

401宮崎24.jpg

宮崎牛

401宮崎25.jpg

新鮮なウニなどご馳走いっぱい。

401宮崎14.jpg

近所には遠い親戚もいっぱいいるらしく、初めて会った人たちだけど、庭でちょっとしたゴルフをしたり、

401宮崎16.jpg

サルのこしかけ?か毒キノコかわからないものを採らせてもらったり。

401宮崎15.jpg

夕焼けみたりして、今日も一日ありがとう。


401宮崎17.jpg

翌朝は、畑のおじさんところに行って、

401宮崎22.jpg

いろいろお野菜もらったり、


401宮崎18.jpg

タケノコも蹴り採りました。


401宮崎19.jpg

収穫〜♪

祖父母にも会えたし、県内に住んでる従妹たちもいろいろ集合してお盆かお正月のような賑わいっぷりでした。何の計画もなしにやってきたのにやること、会う人盛りだくさんで、あと1日あったら釣り行けたのになぁー。

401宮崎20.jpg

チョコちゃんも、帰っちゃやだーと言ってくれてることだし、

401宮崎21.jpg

また戻ってくるよ〜。

posted by atsu at 00:29| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

リサイクル着物の通販サイト、「着物のかざるや」をオープンしました。

このたび、「着物のかざるや」をオープンしました。


851.jpg

着物をもっと気軽で、自由で、楽しく着ていただけるような身近な存在にしたいなという思いから、かざるやの新しい事業としてネットショップを立ち上げることにしました。
概要についてはこちらでご紹介しています。

こういうことをやりたいなと思ってから、だいたい2年かかりました。

ウェブデザインの仕事から、ウィッグの通販、ハンドメイド、着物と、どこに向かってるのかわからない感じでしたが、これもすべてここに繋がる伏線・・・とはじめから計画していたわけではないですが、「自分しかできない仕事をやりたい」というそもそもの仕事に対する思いをひとつの形として集約させてみたわけです。

やっとスタートラインに立てた段階なので、まだまだ、商品も中身も少ないのですが、これから徐々に充実させていきます。

着物に関しては、まだまだまだまだ知識も浅いのですが、もっと知りたいと思うし、この素敵なものをもっとたくさんの人に知ってもらいたいとも思います。でも、難しいこといっぱい知らなくても、まずは着物をきたら、楽しくて気分が上がるよね☆のきっかけになれればと思っています。


サイト制作に関しては、ウィッグの時と同じように通販部分は、EC CUBEを使いましたが、サイトにあわせてカスタマイズも必要で、ほんともう、素人が触ってはいけない領域まで手を入れました。
そうこうしてるあいだに2年もゆったりやってたものだから、バージョンアップされてまたやり直し・・・の繰り返しでしたが、どうしてもわからないことはコミュニティで質問したら、教えてくれる賢い人がいて助かりました。感謝。


CMS部分は、今までMODXを使っていたのですが、今回はWordpressに挑戦してみました。MODxも使い勝手のいいすばらしいシステムですが、ユーザー数ではWordpressのほうが断然多いので、わからないことがあればグーグル先生に聞けばすぐに解決する情報量が魅力的でした。

あと、PCの画面サイズやスマホやらとデバイスとそのバリエーションが増えているので、更新が煩わしくならないように、ワンソースで管理したいと思うと、画面サイズに合わせてデザインが変化するレスポンシブ対応が必要となり、ここもなかなか苦戦しましたね。

それからそれから、ネットショップの裏方として欠かせない在庫と受注の管理システムの構築です。
今までAccessで作っていたのですが、Open officeのBASEに乗り換えて作り直そうとしましたが、マクロで躓きました。「CSVをインポートしてテーブルに格納する」をマクロで自動化させたいだけですが、悩んだり調べたりしたけど解決策をみいだせず、詳しい人にも出会えなかったので、またACCESSで作りなおしました。だれか詳しい人いたら教えてくださいっ。

そしてそして、あとは撮影環境です。これはまだまだ勉強しなければいけないですが、資金に余裕ができるまではあるものでやっていこうと、得意の?DIYで簡易撮影スタジオを作って、和装用マネキンを買って、ひとつひとつ着付けては写真チェックして直して・・・の繰り返しで頑張ってます。いい照明が欲しい。


まだまだほんと、スタートしたばかりで先行きなんてまったく見えてませんし、課題は山積み、ビンボーヒマナシ状態ですが、ひとつひとつ楽しみながらクリアしていきます♪





※あと、このブログに「犬 テンガロンハット 型紙 ダウンロード」などで検索に辿りつく方が多くて、今まで用意できてませんでしたが、そんなあなたに朗報です。
着物リメイクから無料でダウンロードできるようになりましたよ。
posted by atsu at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

革のつまみ細工

ハギレがいろいろ貯まってきたので、つまみ細工でもしてみようかと思いトライしました。

400つまみ細工01.jpg.jpg

糊もボンドも試したけど、手がべとべとになるので、つまむことに集中できない。

400つまみ細工02.jpg

なんとか1つめの出来上がり。ちょっと曲がったりしてるけど。

そこで、



ホットボンドで仮止めをすることにしました。折りたたんだ布のさきっちょにちょんちょんとつけるだけ。
これだと手が汚れないので、気持ちいい。


400つまみ細工03.jpg

ホットボンドは仮止め用に、土台につけていくのには木工用ボンドをつかいました。

400つまみ細工07.jpg

着物もハギレだけでなく、洋服のサンプルハギレもお花になりました。


革でもやりたくなってきて、

400つまみ細工04.jpg

400つまみ細工05.jpg

400つまみ細工06.jpg

革のお花が咲きました。

パーツをつくりすぎたので、

400つまみ細工08.jpg

孔雀?

400つまみ細工09.jpg

はりねずみ?

400つまみ細工10.jpg

魚?

と、いろいろ考え、

400つまみ細工11.jpg

孔雀に変身。

posted by atsu at 17:45| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。