2014年09月09日

人をダメにしすぎないソファ

大きいビーズクッションが好きで、王様の腰掛けというのを使ってたのですが、




だいぶへたってきたので、無印良品のビーズクッションに買い換えました。

人をダメにするソファといわれてるやつです。たしかにダメになる。いや、ダメになりたいときに座る・・・というか寝る。

けど、ダメになっている場合ではないときにも座るので、もうちょっと小さくてもうちょっと固めのヤツがあったらなぁと思っていたので、その捨てようと思ってた王様の腰掛けの中身を使って創ってみることにしました。


396ビーズクッション01.jpg

内袋は、目の詰まったニット生地を適当に切って、


396ビーズクッション07.jpg

細かいビーズが出てこないように、ロックミシンで処理します。

立方体をつくって、


396ビーズクッション02.jpg

「王様」だったやつの端っこをカットして、注入開始。


396ビーズクッション03.jpg

中身をこぼさないようにちょっとずつ、

396ビーズクッション04.jpg

ちょっとずつ・・・
こぼれないわけがないよね。

396ビーズクッション05.jpg

服も部屋も大変なことになるので、よいこは真似しないほうがいいです。


396ビーズクッション06.jpg

ここまでくれば、こっちのもんだ。


次に、カバーを作ります。

396ビーズクッション08.jpg

無印のクッションカバーをお手本に、ファスナーをつけます。

開口部が2面にわたってファスナーで繋がってるので、できるだけ長いファスナーを探したら、

396ビーズクッション10.jpg

黄色だったけど、悪くない。

396ビーズクッション09.jpg

フラップつけたら見えなけど。
上下の面は伸縮性のある生地、側面は伸びない生地です。これがダラダラしすぎないポイントなんでしょう。

王様のカバーは全面ニット生地だったので、ダラダラには最高でしたが、無印良品のパターンのほうが今回のコンセプトにはあっていました。


396ビーズクッション11.jpg

敦印良品の人をダメにしすぎないソファ完成〜。




posted by atsu at 14:22| Comment(2) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
無印良品の体にフィットするソファカバーを作ろうと作り方を探していた時にこちらの記事に辿り着きました。
使用された生地はどんな生地でしょうか?
柔らかい生地の方はニット地との事ですが、2wayストレッチのニット地で素材を教えていただきたく、コメントいたしました。よろしくお願いします。
Posted by おかじま at 2016年04月13日 10:47
おかじまさん
こんにちは。ブログを移行したので、こちらのコメント欄に気づいたのがとっても遅くなってしまいました。もう作ったかな?
2Wayストレッチニットでポリエステルです。
Posted by atsu at 2016年07月21日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。