2015年01月23日

ニットソーイング

ロックミシンでダダダッとニットソーイング。
何年か前に買って、珍しい生地だったので何を作ろうか考えただけで放置していました。

01.jpg

型紙をつくらずに着ながら作る方法で、体に時々まち針がささりながら

02.jpg

アシンメトリーなチュニックに。

04.jpg

平にするとこんな形をしています。少し透けるローゲージニットなのでパンツに合わせるか。

でもワンピースっぽく着たいときに、ちょっと短すぎるので(年齢的に)、

透け感を消して長さをプラスするために、



01.jpg

フリルスカートも作りました。
フリルは年齢的にどうかは考えないことにして。

長めのニットとかの下に着るので、腰から広がるスカートではなく、裾部分だけ華やかにしたかったのでこんなデザインになりました。

これを普通の糸でフリルを縫いつけると、歩くときに制限されるので、下糸をゴムのカタン糸にするという方法を知り、採用。
つなぎ目が伸びるので大股でも安心して歩けます。

ゴム状の糸があるのを初めて知りました。ボビンに手で引っ張りながらぐるぐる巻いてセット。
ボビンケースのない家庭用ミシンでは使えないそうです。

うまくやればシャーリングごとできてしまうのですが、これは次回の課題です。

02.jpg

ロックミシンの上糸だけをウーリー糸に替えて、巻きロックで縫うと面白いように綺麗な端っこの処理ができます。


03.jpg

ちょっとスカート長めに履かせすぎましたが、着るときに位置を調整。

いろんな小ワザを試してみたニットソーイングでした。
posted by atsu at 22:26| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

何通りにも着れる着物ドレス完成

年内に完成予定と宣言したので、年内にできました。
納期があるわけじゃないので、ついずるずるとなってしまいそうなことは、伝えといたほうが実行できますね。

この勢いで、年内に年賀状を完成・・・。当たり前だけど。毎年なんとかなってるのでなんとかなるかなと。




当初、3WAY着物ドレスのつもりだったのですが、やり方次第でいろいろ着れるやんと思って、何WAYかという部分はぼやかすことにしました。

01.jpg

今回は柄部分はアンティークの着物をほどいて、洗濯していったん縮めてから仕立てています。
上半身はストレッチのきいたニット生地になっていてわりといろんなサイズの方に対応できます。

02.jpg

首元で大きくリボンを結ぶバージョン。背中の大きく開いたドレスだけれど、リボンで隠れるので、大胆になりすぎず、でもセクシーに着たい場合。

03.jpg

斜め後から見た感じ。


次に、

04.jpg

オフショルダーバージョン。
胸元でリボンを結ぶようにしました。胸元を華やかにしたいときや、羽織るものとの相性もあるので、こういう着かたもありかも。


そして次に、

05.jpg

アシンメトリーバージョン。
スカートは部分的にタックで立体感をだして非対称なデザインにしているのですが、
サイドにもってきていた着物の柄をくるっと回して前に持ってきます。
そしてリボンを斜め下にして腰の位置で結びました。


そしてさらに、

06.jpg

スカートバージョン。
胸元まで伸ばしてワンピースで着ていたのを折りたたみ、リボンをウエストで巻いています。
上半身はマネキンに黒のタンクトップを着せていますよ。

07.jpg

パーティーとかで、そのままの格好で行って帰る場合はいいけれど、着ていたドレスを脱いで何かに着替えて、次3次会・・・となると着ていたドレスがお荷物になってしまいますよね。
あと、旅行先でパーティーがある時とかちょっとでも荷物をコンパクトにしたい時に、着ていたドレスを着まわせると便利なんじゃないかと思います。

留袖ドレスのレンタルの方で、海外のパーティーに持っていきたいとおっしゃっていた方がいたので、ワンピースにもスカートにもなる服をと思って作ったのですが、意図せずいろんな着かたができてしまいました。

こちらもレンタル受付開始です。お問い合わせはこちらまで。

posted by atsu at 19:05| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

留袖ドレス試着に来られました。

気がつけば12月。最近全然ブログを書いてませんでした。
今までの裁縫やDIY作品などは、英語でちょこっと説明を書いて122のFacebookページに載せているのですが、なぜだか一時期タイ人の「いいね!」が急増したという不思議な現象。遠い国の知らない人が自分が作ったものに目を止めてくれるのは嬉しいものです。


着物ドレスもたくさん作っていろんな人に着てもらうようにしたいなと思いつつも、ほかの事をいろいろやりすぎて作品もできていなくて、器用貧乏という言葉に甘んじている状態です。

今は自宅の1階の奥をアトリエにして、マネキンに留袖ドレスを着せて飾っているのですが、たまたま玄関を開けていたときにたまたま奥まで開けていたらチラリと見えるので、その時にたまたま通りがかった人がたまたま興味を持ってくれたら声をかけてくれるという、偶然が重なれば出会えるかんじ?です。


今回は、毎週宅配を頼んでいる業者の女性が、奥でチラリと見える留袖ドレスをとっても気に入ってくれていて、年明けの会社のパーティーで着たい!と、半年前から目をかけてくれていていよいよ試着に来られました。「大ファンです。」と初めて人に言われました。最近、自信喪失気味だったので涙でそうです。


399着物ドレス01.jpg

細くて小柄な女性ですが、高めのヒールをはけば着物ベースなので、長めに着て大丈夫。
黒のレースショールをあわせてみました。
ばっちり気に入ってくれたみたいで、とてもよかったです♪


今、ちょうどやっと2作目の着物ドレスを作っているところです。

399着物ドレス02.jpg

パターンからひきました。デジタルで書いて、プリントアウトしてつないで、さらにアナログで微調整。

399着物ドレス03.jpg

今回考えているのは、洋の生地と和の生地を組み合わせてもう少しカジュアルな3WAYドレス。
1着でドレスとして2パターン、スカートとしても着れるようにして、パーティー会場や、海外旅行に持っていってもシワになりにくく、荷物も軽く、でも違う服を着てるみたいに見えるようにと考えています。
着物の生地は正絹なのですが、縫う前に洗ってから仕立てたので、おそらく洗濯機で洗っても縮まないはずです。(でも、できればドライクリーニングで。)

年内完成目標です!


posted by atsu at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

メッセンジャーバッグ

ちょっと荷物が多いときに使えるメッセンジャーバッグを作ろうと思いました。

自転車乗ってるときにケータイかばんから出したり直したりするのも面倒だけど、たまに地図とかもみたいし、何かいい方法はないかなと考えて、

397メッセンジャーバッグ01.jpg

こうすればいいんじゃないかと思いつき、

397メッセンジャーバッグ02.jpg

秋っぽくスウェードで。


397メッセンジャーバッグ04.jpg

できました。はやっ。


397メッセンジャーバッグ06.jpg

ストラップの斜め前にくる部分にモノをいれられるようにしてみました。
この部分だけニット生地にしたので、横にはある程度伸縮性があるけど、ファスナーをつけてるから縦には伸びないし、幅があるから体に食い込まない。

397メッセンジャーバッグ07.jpg

ストラップは取り外しできるようにしたので、バッグを変えることも可。

397メッセンジャーバッグ09.jpg

397メッセンジャーバッグ08.jpg

397メッセンジャーバッグ10.jpg

あまった革でもち手をつくっておけばカジュアルバッグとしても使えるかも。

755.jpg

裾バンドもつくったけど、バッグと同じ革でつくってもよかった。

と、いろいろ準備して、しまなみツアーに備えてたら、台風くるので中止となりました。

・・・無念。





posted by atsu at 19:03| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

人をダメにしすぎないソファ

大きいビーズクッションが好きで、王様の腰掛けというのを使ってたのですが、




だいぶへたってきたので、無印良品のビーズクッションに買い換えました。

人をダメにするソファといわれてるやつです。たしかにダメになる。いや、ダメになりたいときに座る・・・というか寝る。

けど、ダメになっている場合ではないときにも座るので、もうちょっと小さくてもうちょっと固めのヤツがあったらなぁと思っていたので、その捨てようと思ってた王様の腰掛けの中身を使って創ってみることにしました。


396ビーズクッション01.jpg

内袋は、目の詰まったニット生地を適当に切って、


396ビーズクッション07.jpg

細かいビーズが出てこないように、ロックミシンで処理します。

立方体をつくって、


396ビーズクッション02.jpg

「王様」だったやつの端っこをカットして、注入開始。


396ビーズクッション03.jpg

中身をこぼさないようにちょっとずつ、

396ビーズクッション04.jpg

ちょっとずつ・・・
こぼれないわけがないよね。

396ビーズクッション05.jpg

服も部屋も大変なことになるので、よいこは真似しないほうがいいです。


396ビーズクッション06.jpg

ここまでくれば、こっちのもんだ。


次に、カバーを作ります。

396ビーズクッション08.jpg

無印のクッションカバーをお手本に、ファスナーをつけます。

開口部が2面にわたってファスナーで繋がってるので、できるだけ長いファスナーを探したら、

396ビーズクッション10.jpg

黄色だったけど、悪くない。

396ビーズクッション09.jpg

フラップつけたら見えなけど。
上下の面は伸縮性のある生地、側面は伸びない生地です。これがダラダラしすぎないポイントなんでしょう。

王様のカバーは全面ニット生地だったので、ダラダラには最高でしたが、無印良品のパターンのほうが今回のコンセプトにはあっていました。


396ビーズクッション11.jpg

敦印良品の人をダメにしすぎないソファ完成〜。




posted by atsu at 14:22| Comment(2) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

モロッコ取っ手付き桐の箱

ストックしている生地の収納にボックスを作ろうと思いました。
通気性と防虫効果を考えると桐がいいけど、素材が高いしホームセンターに売ってない・・・

395桐の箱01.jpg

ので、全桐合板というのをネットでみつけました。暑さ4mmと薄手なんだけど軽いしいいか。


395桐の箱02.jpg

カットはしてもらえなかったし、ホームセンターには持ち込めないので、地道に自分でカットしました。


395桐の箱03.jpg

薄いのでやりにくかったけど、木工用ボンドと細い釘で組み立てて、


395桐の箱04.jpg

モロッコ雑貨のお店で見つけた取っ手をつけたいと思います。


395桐の箱06.jpg

とりあえず箱を黙々と組み上げます。


395桐の箱07.jpg

蝶番で蓋をつけたいけど釘だと飛び出てしまうので、革製品とかで使うカシメで取り付けることを思いついた!


395桐の箱08.jpg

先端もふさがるので薄い板にはぴったり。天才かもしれないとまで思った。


395桐の箱09.jpg

モロッコの取っ手も、最初についていたネジでは長くて3センチほど飛び出してしまうので、


395桐の箱10.jpg

パーツを買いにいって、


395桐の箱12.jpg

付け直してみる。


395桐の箱11.jpg

先端もうまく収まりました。


395桐の箱13.jpg

蓋付きの桐の箱が8つ出来上がり♪



395桐の箱14.jpg

カラーボックスをベースに作ったミシン台の脚にぴったりサイズ。


395桐の箱15.jpg

395桐の箱16.jpg

すっきり収まりました。

posted by atsu at 14:28| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

ギラギラ長財布

久々にお財布をハンドメイド。

394ハンドメイド財布01.jpg

だいたい1年〜2年に1回作るのですが、ダブル小銭いれが便利です。

片方は小銭、片方は薬とか絆創膏とかお守りとかいれてる。

394ハンドメイド財布02.jpg

表地は、牛革メッシュレザーを使いました。
裏地は豚革かな。

394ハンドメイド財布03.jpg

カードもやたとら多くなるので、内側に6枚、外側に6枚入れられるようになってます。


394ハンドメイド財布05.jpg

ポケットがダブルなので、3箇所に仕切られるから、お札いれるところ、領収書入れるところ、その他をいれるところ。

394ハンドメイド財布04.jpg

どうせ紙類でパンパンになるので、芯はいれません。無駄を省いて、なるべく軽く。

394ハンドメイド財布06.jpg

今回は、薄いタイプのマグネットボタンを入手しておいたので、外側にひびきません。

394ハンドメイド財布07.jpg

サイドはよく切れるロータリーカッターで整えて、特に処理をせずともいいかんじになりました。
極端な色使いにしといたほうが、横から見たとき綺麗かも。


ダウンロードできる長財布型紙をつくろうかなと思いながら、毎回型紙を修正してつくってるのでなかなかフィックスしません。そのうち。そのうち。


posted by atsu at 22:27| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

箱根

ここしばらく東京に滞在しています。

26東京.jpg

東京から足を伸ばして、箱根へ1泊温泉旅行。


29東京.jpg

緑溢れる庭園に、貸切露天風呂があったりしてロマンティック〜黒ハート

と、テンション上がりますが、友達母娘との女三人旅なんですがね。


30東京.jpg

みーちゃん、わたしの料理に手を突っ込んじゃってますよ。

31東京.jpg

お腹いっぱい、

32東京.jpg

鮎も、

33東京.jpg

しゃぶしゃぶもいろんなもの食べれて大満足♪

夏休みなんで、子供たち向けにホテル内で縁日をやっていて、ちびっこたちが射的をするのを応援しながらみていたのですが、

35東京.jpg

見てるだけでは我慢できなくなったおとなげない大人




43東京.jpg

たち。しかも「特等」を本気で狙いにいって、

44東京.jpg

本当にしとめる、おとなげのなさ。

36東京.jpg

ママすごーい。パティシエセットをもらったよ。


37東京.jpg

夜は、いよいよ貸切露天風呂。素敵すぎる。ぬるめのお湯なのでいつまでもはいっていられそうです。


38東京.jpg

そして、夜鳴きラーメンのサービス。

子供ちゃんが寝たら久々の親友と、深夜までおしゃべり。


39東京.jpg

カメラを向けたらみーちゃんはいつも、にっこり笑わないんだけど、

40東京.jpg

クールビューティーな表情は好きみたい。どこで覚えたんだろう?子供って面白い。

42東京.jpg

時間がなかったので観光にはいかなかったけど、ホテルを満喫してすっかり癒されました。こういう時間、大切。

posted by atsu at 17:44| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

友ヶ島

和歌山県にある、友ヶ島。
第二次世界大戦後放置された廃墟が点在していて、ラピュタの世界感を彷彿させる無人島があるらしい。と聞いたので、行きたくなってきました。

日帰りのつもりで、お昼過ぎに着いたらすでに船にはのれず、「明日の朝イチにおいで」と言われたのでいきあたりばったりで、偶然あいていた温泉のホテルに泊まって翌日6時におきて朝一番の船に乗ることができました。

393友が島01.jpg

船は1時間に1本で、1回100人ほど乗れるらしい。

393友が島02.jpg

船に乗ること20分。
今回は、釣道具を持っていくか、自転車を持っていくか迷った結果、何ももっていかないことにしました。

393友が島03.jpg

友ヶ島に到着。
無人島というわりには、民宿もあるし、自動販売機もあるし、なんせお客さん100人×数回来るので、人はたくさんおります。
無人島の定義っていったいなに?

393友が島05.jpg

基本、ハイキング。自転車持ってこなくて正解でした。そんな感じではなかった。
たまには歩くのも気持ちいい。

393友が島04.jpg

これは、第二砲台。
島内には1〜5まであります。

393友が島06.jpg

登って、登って海を見下ろしたり、

393友が島07.jpg

海辺に降りて、石をひっくり返して、カニを探したり、

393友が島08.jpg

かとおもったら、また山道を歩いてキノコを見つけたり。

393友が島12.jpg

ここは第三砲台です。一番来てみたかったところ。

393友が島09.jpg

半地下になっている建物の中が、迷路のようになっていて、懐中電灯で照らすとこんなところに道があったのか!とか部屋があった!とか、

393友が島10.jpg

地上に出れた!とか、

393友が島11.jpg

で、出れない・・・とか。

雰囲気と見ごたえがかなりあります。

393友が島13.jpg

島の半分くらい回れたので、あとの半周は、次来る楽しみにおいとこう。

あとは、帰りの船に乗るまで海辺でゆったりした時間を過ごします。



・・・のつもりでしたが、シュノーケリングしてる人や釣りしてる人を見てたら、

そういうわけには行くまい。めっちゃ楽しそうやん。

実は、船の乗る前にやっぱりなんか遊び道具欲しくなって、モリを買っておきました。

393友が島14.jpg

モリを持っていざ海へ。


393友が島15.jpg

着替えは持ってないので、このパンツで帰らなきゃいけないので、濡れない程度に。


と、はじめは思ってましたが、

393友が島16.jpg

でもすぐに、もうええわっ!ってなりますけどね。


水中眼鏡で顔をつけたら、水族館のようでした。

393友が島17.jpg

「獲ったどーーー!」をやりたかったけど、そんなドンくさい魚はおりませんでした。

そんな、モリ初体験。

393友が島18.jpg

今度からは海辺に遊びに行くときは、念のため水着か、せめて着替えはもっていっとこう。いい大人なんだから。
乾かしてるあいだ、長めのTシャツ1枚で、「私は中に水着きてますから」風に堂々としておりましたけど、まぁ誰も見てないと思うけど、友ヶ島は無人島とはいえ、人がたくさんおります。


posted by atsu at 16:33| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

アナゴ釣り

上海で生活している、「チャイナ・ルール」の著者、小林純子ちゃんが神戸に遊びに来てくれました。



中国で実際に生活していく中で気づいた、中国のリアルな姿を書いた作品です。

いろんな人とのつながりで出会った純子ちゃんですが、最後に会ったのは彼女の帰国中、私がレーシックの手術を受けた日に病院まで迎えに来てくれました。もう何年前か忘れましたが。
東京で一人暮らしをしていたし、なんでも自分ひとりでできると思いがちで、手術受けたらひとりで帰れるから大丈夫よーと言ってたけれど、実際は電車の中で目が開けられないぐらい痛くなって彼女がつきそってくれていたので無事に帰り着くことができました。

ほんと、友達のありがたさをしみじみと感じた出来事でした。

そんな純子ちゃんに神戸を楽しんでもらおうと、どこのお洒落スポットに連れて行こうかなーと考えたのですが、

私の中で、今一番アツイ遊び、

392アナゴ01.jpg

アナゴ釣り!

392アナゴ02.jpg

連れて行ってくれたのはもちろん、師匠ですが。
師匠の奥さんとお孫さんとともに、夜のスポットへ。

392アナゴ03.jpg

師匠のお孫ちゃん、めっちゃ可愛い。人見知りの日もありますが、この日は絶好調。
にょろにょろの獲物に興味津々。

392アナゴ04.jpg

触りたくなるね。

392アナゴ05.jpg

師匠が綺麗にさばいてくれました。
この日は今までで一番たくさん釣れて、

392アナゴ06.jpg

たっぷり食べれそう♪

392アナゴ07.jpg

半分はその日のうちに、煮穴子にしておきました。

392アナゴ08.jpg

一晩染み込ませて、準備完了。

392アナゴ09.jpg

残りは天ぷら用。

392アナゴ10.jpg

翌日のランチは天ぷらと、

392アナゴ11.jpg

握り寿司。

392アナゴ12.jpg

我が家では手巻き寿司ではなく、握ります。

392アナゴ13.jpg

昼間っからたっぷりお寿司と天ぷらを食べて、おなかいっぱい。

こんな神戸観光でよかったら、また来てね。

posted by atsu at 15:49| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。