2014年04月27日

家具作り下準備

苦労して運んだ木材を、

380DIY塗装01.jpg

ブライワックスなどで塗装して、乾かします。

380DIY塗装02.jpg

パイン集成材の断面図。塗装したら木目が浮き上がってきて、おもしろい。

380DIY塗装03.jpg

前回の棚であまりが出た板を緑色に塗ります。
理想の緑色をつくるために絵の具みたいなペンキを混ぜて、





380DIY塗装04.jpg

二度塗り。


今度は新しい技、「木ダボ」というのをやってみたくて、あまった板で実験。

380DIY塗装05.jpg

金具を使わずに木同士をダボでとめます。

380DIY塗装06.jpg

きっちりいれるために上からゴムのかなづちでトントンと叩きます。


前回の棚は、立てたときに不安定感があって、その原因は釘を上手にまっすぐに打ち込めず、時々斜めに刺さってたので、ゴムで上げ底をして対処しましたが、今回は釘が直接床に接しないように、釘が入る部分を丸く少し削ってへこませたところに打ち込んでみようという作戦。

それもとりあえず実験〜♪

380DIY塗装07.jpg

・・・そうこうしてたら、ちょっとした台ができました。

座っても大丈夫だったよ。

380DIY塗装08.jpg

上に板をのせたら、ちょっとしたテーブルにも!


posted by atsu at 15:18| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

賢い台車の使い方

棚が1つできたけど、ほかにも作りたいものがあるので、ホームセンターへ行って木材を物色。

厚さ25mm、600×4200mmのパイン集成材が特価だったので、さっそく「もでりん」で図面を作りました。

379台車07.jpg

さすがにこの大きさになると、木材カットも男の人2人がかりで作業です。
これで3つのモノを作る予定。

379台車08.jpg

一番長いやつで190センチくらい。

379台車09.jpg

ピシッと機械で切られた木材も、

379台車10.jpg

サンダーを丁寧にかけて角を丸くします。だいぶサンダーの使い方にも慣れてきました。

379台車11.jpg

自分で削って丸みがつくと気持ちいい。手作り感はあるけどね。

私の小さな車では運ぶだけでも大変で、何度もホームセンターをと家を往復することになるとツライ。これはなるべく1回の作業で済ませたいと、セルフ工房を独り占めしてがんばりました。ま、誰もほかに作業してる人いないけど。

ヘトヘトになってすべてを車に積みなおして、家の近くの駐車場に止めて、またおろして。
駐車場からマンションのドアまでは普通に歩いたら5分くらい。
ホームセンターにあるような木材用の台車ではなく、普通の台車で運ぶわけです。

150センチほどの身長で、190センチくらいの荷物をたくさん運ばなければいけない。これもできれば1発で行きたいと、無謀にも思ってしまいました。


紐とかも準備していなかったので、私が考えたのは、

379台車01.jpg

車の中にあったバスタオルをくるくると細く巻いて、それで大きい木材をしばってそーっと進もう作戦。

ところが・・・

進むにつれて、

379台車02.jpg

板に角度がついてきて、前に置いた板をずんずん押していくのです。
駐車場を出てすぐの段差で、

379台車03.jpg

えらいことにっ!!!コントロール不能。

いや、もうここでこの板を落として割れたらさっきがんばったサンダーも、計算しつくした図面も何もかも無駄になるので必死でくいとめましたよ。でも、板と台車を支えたまま、重いし、どうにもこうにも動けなくなってしまい、心の中で「Help meー!!」と叫んでました。


と、

そこに、

奇跡的に、


379台車04.jpg

天使が舞い降りた。

素敵な外国人カップルが私に気づいて、駆け寄ってくれたのです。


379台車05.jpg

男の人の天使のほうが、テキパキと体勢を立て直してくれ、

379台車06.jpg

こうやって台車を使うと指1本で押せるからと!

なんて斬新な!なんてグッドなアイデア!なんて安定してるんでしょう!! You're so smart!!


「I'm stupid, but I'm smart in Japan.」

ちょっと日本人ディスられたかと思いましたが、もう、サンキュー以外の言葉がみつかりませんでした。

あの日あの時あの場所で君に出会ってなければ、たぶん、交差点で台車に載せてた木材全部落ちて、木材が割れていたか、私が怪我をしていたか、誰かを怪我させていたかもしれません。

379台車12.jpg

中腰だけれど、安定しているので写真を撮る余裕すらありました。


379台車13.jpg

エレベーター使う時だけ、私の作戦が活きてきました。部屋に着くまでかろうじて台車の上をキープ。


これから街で、キャパオーバーな荷物を運ぼうとして失敗している人を見かけたらこうやって助けてあげましょう〜。

posted by atsu at 12:53| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

棚を作ってみる 完成編

378棚DIY01.jpg

有孔ボードを細長くカットしてもらい、横方向に補強を入れます。

可愛い色の有孔ボードをネットで発見。





378棚DIY02.jpg

こんなかんじ。

378棚DIY03.jpg

ここでいよいよ、もでりんのおまけ・・・じゃなくて、もでりんがおまけについてきた、のこぎりとのこぎりガイドが満を持して登場!







378棚DIY04.jpg

ガイドを使うと、

378棚DIY05.jpg

初心者でも、スパッと切れます。


前回立ち上がったクララのほうには、

378棚DIY07.jpg

支えを入れておきます。

378棚DIY08.jpg

その裏側に、有孔ボードを設置。

378棚DIY09.jpg

いやーん。板、めっちゃ反ってますやん。

378棚DIY11.jpg

思ってた以上に板が反っていたのと、ボードも弱弱しかったので、

378棚DIY12.jpg

急遽、縦方向にも補強を追加。

底の釘も、まっすぐ打てたヤツと、ちょい斜めのまま入ってしまったヤツがあるので、底が平らにならず、なんだかグラグラしてます。
シロウトクオリティ。

そこで、

378棚DIY14.jpg

去年の夏に、下駄がカランコロンとマンションの廊下に響くので、裏側に貼ったゴムの残りがあったのを思い出して、カット。

378棚DIY15.jpg

釘を無視して底に貼ってみました。これでグラつきが減りました。なんでもやってみるもんです。


そして、最後の1枚の板で、有孔ボードの裏側に蓋をして・・・




378棚DIY19.jpg

完成!!


378棚DIY20.jpg

補強もしっかり入れたので、ボードにいろいろぶらさげても安心です。

・・・たぶん。

こっち側には裁縫道具とか、工具とかを掛けて、いろんな作業がしやすいようにと考えてつくりました。

こんなの欲しかったけど、なかなかぴったりなものは売ってないから。

いろいろ反省点はあるものの、おおむね満足。

そして、私の家具作り計画はまだ続きます。

いつ引越し片付くんやろ?


posted by atsu at 08:28| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

バースデー41

377誕生日01.jpg

今年は、サーティーワンのアイスクリームケーキでフォーティーワンのバースデー。

377誕生日02.jpg

アイスクリームケーキって、溶けてくるからあわただしい。でも、美味しい♪

377誕生日11.jpg

ハンドメイドアワードのお祝いや、

377誕生日12.jpg

友達がサプライズプレゼントを届けてくれて、幸せでした。

377誕生日03.jpg

師匠からいただいた大事な振袖を訪問着に仕立ててもらいました。
袖の残った部分は、帯に作り直そうと思ってます。

377誕生日04.jpg

県立美術館のミカエルくんがいなくなったと思ってたらいつのまにか帰ってきてました。おかえり。

377誕生日06.jpg

ディナーは、しげ松さんで色とりどりの懐石料理。

377誕生日07.jpg

金箔って、味しないよね。

377誕生日09.jpg

地鮎の天ぷら。

377誕生日10.jpg

非常に繊細で、奥の深い味でした。本当の意味でこれがわかるようになるには、まだまだ経験を重ねる必要があるのかもしれません。
大人の階段を1つがったような気がしました。

このところ引越しや家具作りなどなどあわただしく、着物を着る余裕がなかったけれど、せっかくの機会なのできてみました。キリッと気持ちが引き締まる思いです。

汚れようが、破れようが気にしない格好ですごしていたから、余計に着ている物を汚さないように振舞うことや、どこから見られても恥ずかしくないようにしておくことにぎこちなくなっている自分に気が付きました。
年齢いけども、女を忘れてはなりませんと、わが身に思い知らせるためにも、機会をみつけては着ていこうと思います。




そんな41歳の春。バカボンのパパと同い年になりました。




ちなみに・・・


着物に着替える直前まで、こんな感じ。



377誕生日13.jpg

のこぎりガイドを安定させたり、ちょっとした微調整する時に5本指ソックス、便利なのよ。。。


posted by atsu at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

棚を作ってみる その2

376棚DIY01.jpg

こんな木材を、

376棚DIY02.jpg

BRIWAX WOOD DYEで下塗りして、



376棚DIY03.jpg

ブライワックスをつけて磨きます。




ビニールシートを敷いててよかった。どんどん汚くなる。

376棚DIY04.jpg

仕上げに、スプレー式のウレタンニスをふりかけます。




376棚DIY05.jpg

2度塗りしたいので、2〜3時間乾かしてまた塗布。雨ふりませんように。


376棚DIY06.jpg

色塗りする前にやるべきだったけど、ところどころ穴が開いてたりするので、


376棚DIY07.jpg

ウッドパテとやらを使ってみる。



376棚DIY08.jpg

切って練ってネリケシ埋めるみたいなやつだけど、この匂いが・・・なんていうか酸っぱいっていうか、とっても苦手な匂い。

パテが乾いたらその部分だけ同じように塗装。

やっぱり先にやておくべきだった。

376棚DIY09.jpg

いろいろ乾かしているあいだに、金属に色を塗ります。nuroっていう絵の具みたいな、金属にも木材にもなんにでも塗れる塗料です。色がいっぱいあって可愛い。



376棚DIY10.jpg

何色にしようか、試行錯誤したわりに、無難に茶色が一番しっくり。

376棚DIY11.jpg

コマも塗り塗り。

376棚DIY12.jpg

棚の一番下の段に、重いものを載せたいので、一番大きい本に合わせてレールをとりつけます。

376棚DIY13.jpg

ざっくり展開図。

ついに立体化!ドキドキします。

376棚DIY14.jpg

記念すべき1角目。ちょっと隙間があいてるよ。大丈夫?と思って、次からは、家の中にある直角助手に助けを借りることに。

376棚DIY16.jpg

柱の角を使って、

376棚DIY17.jpg

ぐいっと膝とかで押し付けながらビスを打ちます。そうするととってもやりやすい。木材が反っているのも強引に矯正して打ちつけます。

376棚DIY15.jpg

記念すべき2角目。


ここまできたら、

376棚DIY18.jpg

クララが立ったよ!


posted by atsu at 16:47| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

ハンドメイドアワード結果

本日、ハンドメイドアワード2014の結果発表がありました。

http://tetote-market.jp/handmade-award/2014result/

7,500点以上の作品の中から、192作品に残っただけでも心踊りましたが、できれば賞が欲しいなんて欲も出てきました。

たくさんの方に応援していただいて、リメイク部門では3位、総合で11位という結果で思っていた以上に嬉しかったのですが、残念ながらホビー賞の表彰台にはのぼれませんでした。

また来年、賞をとるためにがんばります!といいたいところですが、賞のためのモノづくりではなく、出せるような作品ができたらまた挑戦してみようかなと思います。
それが、洋服なのか、バッグなのか、木工なのかはわかりませんが。

今回はドキドキの約1ヶ月でしたが、とってもいい経験をさせていただきました。
これがきっかけで、たくさんの人に見てもらえて、いろんな意見もいただきました。
そして、少し自信がつきました。

応援してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

posted by atsu at 16:06| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚を作ってみる その1

のこぎりでまっすぐ切るのって難しいな〜と思って、「のこぎりでまっすぐ切る方法」などを検索していたら、のこぎりガイドなるものを発見し、見ていたら欲しくなって、



セットののこぎりとともに



買いました。

そしたら、

375DIY01.jpg

それについていたおまけの3Dモデリングソフト、「もでりん」がとっても使いやすくて、モデリングにはまってしまい、

375DIY02.jpg

木取り図をプリントアウトして、
375DIY03.jpg

ホームセンターで木材を買ってカットしてもらいました。

セルフ工房があって、いろいろ機械も場所も貸してくれるので、

375DIY04.jpg

はじめてのサンダーに挑戦。

375DIY05.jpg

中目と細目のやすりをかけてツルツルにします。
こんなのマンションでやったらめっちゃ近所迷惑だけれど、どんだけ音を出しても、どんだけ木屑を撒いても怒られないどころか、「いつでも自由に使ってくださいね」って、パラダイスすぎる。

かなりの割合で店員さんと間違えられて、お客さんに「木を切ってください」とか言われるけど。

375DIY06.jpg

角はカンナで軽く面取りします。

375DIY07.jpg

サンダーで仕上げ。丸みが綺麗につくと気持ちいい。

375DIY08.jpg

閉店ギリギリまで楽しんで、車に載せて持って帰ります。

375DIY10.jpg

下地にBRIWAXのウッドダイ。こちらは楽天でみつけました。




375DIY11.jpg

ローズウッドというちょっと赤みのある茶色にしてみました。

375DIY12.jpg

あっというまに塗れます。

375DIY13.jpg

そしていよいよBRIWAX。ウォールナットの濃い茶色で仕上げます。




375DIY14.jpg

塗って拭いて拭いて、二の腕が引き締まりそうです。

やっすい合板が、なんとまぁ素敵な色に変身。

めっちゃ匂うけど、めっちゃ楽しい♪
posted by atsu at 00:32| Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

留袖ドレスレンタルのお客様

先日、留袖ドレスをレンタルしてくださったお客様の妹さんの結婚式が行われました。

374留袖ドレス01.jpg



374留袖ドレス03.jpg

ドレスをレンタルしてくださったお客様は、細身ですらっとした方なのでとってもお似合い♪

ドレスに合わせる上着を探したいとのことで、式の予定よりも少し早めに取りに来ていただき、デパートに現物をもってお買い物に行かれました。

374留袖ドレス05.jpg

筒状のショート丈のボレロと、コサージュでコーディネート。素敵です。

ご親族の方々、デパートのフォーマル売り場の店員さん、コサージュを買いに行った着物屋さん、そこへ来ていたお客さん、ホテルの美容室のお姉さま方にも褒めていただきましたと、とってもありがたいご報告をしてもらえて、とっても嬉しかったです。

374留袖ドレス04.jpg

妹さんも「姉ちゃん極道の妻みたい」と喜んでくださったそうです。


このブログで私の留袖ドレスを見つけてもらえて、いい人に着てもらえたなぁと、ほんとうに幸せな出来事でした。


いままで着られずに眠っていた着物が、実際に結婚式で着ていただいたり、ハンドメイドアワードで一気にいろんな人の目に触れることになって、着物もびっくりしてることと思います。


昨年のお正月明けに着物で服をつくりたいと思って、

374留袖ドレス06.jpg

こんなところから

615.jpg

ここまできました。


ハンドメイドアワード、現在リメイク部門で3位です。
最終的にはどうなるのかまだわかりませんが、1票1票いれてもらうたびにありがたい気持ちになります。

デコレーション留袖ドレス

はじめから賞レースに出すためでも、レンタルにするつもりでもなく、ただ作りたいと思ってやってみたら、このようなことになっちゃったわけですが、やっぱり評価されることは素直に嬉しいし、やる気がわいてきます。


師匠と仲良くなれて、私が着物をきることになったのも、そこからいろんな人に出会ったり、今までになかった経験をさせてもらえたのももとはといえばこのドレスがきっかけです。
とってもいい縁を引き寄せてくれるドレスだなぁと、私は思ってます。


ドレスのレンタルも引き続き受付中ですよ。
お問い合わせはこちらまで

posted by atsu at 16:30| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

東京の皆様ありがとうございました。

遅ればせながら、33歳になる年に上京しました。
今となれば嘘みたいだけど、とにかくウェブの仕事が好きで、仕事しか趣味がないくらい頑張ってた頃です。


東京でいろいろな仕事をやってみたいなと思いつつも、その時もっていた仕事を手離すことにもなかなか踏ん切りがつかず、悶々と考えていました。当時、スクールでWEBの講師をしており、その時の生徒さんが同じように考えていて、「じゃ、一緒に行こうよ!」と、彼女と1年間ふたりで東京に住んでみようということになりました。


あの時、彼女の行動力に引っ張られなかったら、勇気が出なくて行かけなかったかもしれないです。

とりあえず、1年間。
三軒茶屋には1年しか住まなかったけれど、思い出深い場所です。

そこから1度引越しをして、結局丸8年。

その間いろいろ行き来していたので、実質居たのはその半分くらいかもしれませんが。

東京に拠点を置くことで、だいたい2、3ヶ月おきに移動する生活を続けることになりました。


ここに来たから出会えた人、できた体験、見れたもの、数え切れないし言い尽くせないです。



東京に来てバリバリ最先端のデジタルな仕事をしたくって、それなりに頑張ってはいたのですが、絶え間ない仕事量や作ってはまた新しいものを作って消えていく、パソコンの中だけで出来上がる世界が空しく感じられ、「作ったものを触りたい」という欲求が沸いてきて、気持ちがアナログ方面に向かい始めてしまいました。


今はむしろそっちのほうが興味深くなってきてしまっていますが、おばあさんになってもなんらかの仕事をしていたいので、私にとっては良い転換期だったのかもしれません。
もちろんデジタルとアナログを上手く活用して、両立していきたいなと思っていますし、新しいことにチャレンジする気持ちは常に持っていたいなと思います。


手を伸ばせば届く距離に学べる環境、刺激をくれる人々に出会えたこと、同じように関西や地方から出てきてる友人が身近に感じられたこと、東京に出たことでわかったことがたくさんありました。


もう住むことはないのかもしれないし、また、住みたくなって戻ってくるかもしれないけれどここしばらくは、(旅行以外は)移動しない生活を試みようと思います。

・・・飽きるかな?


やっと植物を育てることができそうです。


02.jpg

東京でお世話になった皆々さまありがとうございました。

posted by atsu at 18:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

ハンドメイドアワード2014最終選考

私が制作した留袖ドレス。
615.jpg

テトテ・ハンドメイド・アワード2014」で、7,510作品中、最終ノミネートの192作品に選ばれました!!


3月末日まで一般投票が行われていますので、「デコレーション留袖ドレス」に投票してくださると、とーーっても嬉しいです♪


昨年から始まったハンドメイドアワードなのですが、昨年は最終選考に残ることができず、私程度では無理だとすっかり諦めて忘れていたのですが、スタッフさんからオファーのメールが届き、引越しのばたばたの中、締め切りギリギリに応募することができました。応募しといてよかった。

この中に残れただけでも、大満足なのですが、もっともっとと、欲がでてくるものです。


おかげさまでリメイク・デコレーション部門で今のところ2位にいさせてもらってます。先はまだまだ長いのでどうなるかはわかりませんが、ほんのちょっぴり私のために時間を割いて、投票してくれたら幸せです。
よろしくね。お友達にもご親戚にもよろしくね♪

↓↓
デコレーション留袖ドレス


posted by atsu at 00:04| Comment(2) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。