2014年02月24日

プリン体過剰摂取訓練2014

373プリン体01.jpg

まだまだ雪が山盛り残っているコートでテニスの後、厳しい訓練に参加してきました。

373プリン体05.jpg

北陸からの海産物ををお腹いっぱい食べて、プリン体を大量摂取して、それでも健康でいようじゃないかという訓練です。


373プリン体03.jpg

カニカニ、

373プリン体10.jpg

白子白子、

373プリン体04.jpg

373プリン体07.jpg

ぶりぶり、

373プリン体06.jpg

たらたら、



そして、

373プリン体08.jpg

HAPPY BIRTHDAY♪

373プリン体09.jpg

思えば、徳久兄さんはいっつも、ケーキを食べさせてくれて、顔に生クリームつけてくれます。
今回のロールケーキは一口でいけるので綺麗に食べれた。
何回ひっかかってんだか、私。。。


金沢に行ったことないけれど、こんなに美味しいものだらけなら行ってみたいな〜。
ずっとその中にいるとわかりにくいけれど、地元を離れて暮らしてみて、地元の良さがよりわかったと、この海産物を買ってきてくれた金沢の方がおっしゃってました。

なるほど。自分自身にも思い当たるところがありますが、今度は離れてみた東京がキラキラに見えて仕方ないのではないかという心配もありつつ、なかなか進まない引越し準備をしています。






posted by atsu at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

神戸に定住します。

ここ数年、数ヶ月ごとに東京と神戸を行ったりきたりして、それはそれで出会う人も、見るものも、感じることも違い、刺激もあって充実しておりましたが、その反面、何をするにも腰が据わらず、落ち着いてじっくりと物事に取り組みたいという思いもフツフツと沸いてきて、もうそろそろどちらかに定住したいと思っておりました。
そう思いだしたのはだいぶ前からですが。そうなると、やはり神戸で暮らしたいという気持ちのほうが強く、となると、東京から離れる決断をしなければいけないのですが、東京にも未練がたらたらで。。。

決めれないときは決めなくていいやとこれまでやってきましたが、決めなければいけない時が来たら一気に決めたいと思いまして、先月すでに新しいお家に引っ越しました。

会社の名称変更や、仕事のこと、引越し・・・と、同じタイミングで予定を詰め込みすぎて、こんなに忙しいことがあっていいのかと思うほどいっぱいいっぱいでしたが、なんとかひとつひとつ乗り越え中です。

引越しの順番が違いすぎますが、次東京に戻る時は、さらなる引越し作業です。

多分、いろいろ落ち着くのは春頃だと思いますが、まだまだやること盛りだくさんです。

ほぼ知り合いゼロのところから、東京で出会った人たち、再会した友達、出会えたことに、居場所をつくってくれたことに本当に感謝です。場所が離れても、一生続くご縁であればいいなと心から願います。


今月中旬から来月頭にかけて東京に戻りますが、タイミングがあえばぜひお会いしたいです。
そうでなくても、これからは「東京出張」という形でチャンスを虎視眈々と狙っていきますので、その際は泊めてください。

posted by atsu at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

社名変更記念日

本日、亡き父の会社、「いづつ印刷有限会社」を「いづつや有限会社」に社名変更の手続きを行いました。
私の会社「いづつや株式会社」もイヅツにちなんで設立日を1月22日にしていたので、せっかくだからこちらも今日の日付にこだわり、法務局へ手続きに行ってまいりました。


今後は、すべての業務をいづつや有限会社に一元化していく方向で進めています。
もともと祖父が創った会社なので、軽く創業半世紀以上になりました。

祖父はもとは川崎重工の社員だったのですが、戦後のリストラで、家族を養っていくためにさあどうしようと困った時に、字が上手だったので字を書いてガリ版で刷り、印刷の仕事をはじめたそうです。
その後、機械に明るい父が受け継ぎ、写植からタイプへ、タイプからワープロへ、ワープロからパソコンへという時代を経ることとなりました。

私がウェブの仕事をはじめたくなったのも、その影響が大いにあります。
私が会社員ではなく、フリーで仕事がしたいと言い出した時に、いづつ印刷で業務を行うつもりだったのですが、父に「独立すると言うのなら自分で会社をつくりなさい、そういったことも社会を知ることのひとつだから。」と言われ、29歳最後の日に個人事業主となり、ギリギリ20代で起業をすることになりました。そして平成20年に法人化し、「いづつや株式会社」という社名で会社をつくりました。

父だって二代目なのになぜ?と後になって思いましたが、結果的には起業をすることを通していろいろな経験が出来たし、背中を押してくれたことにとても感謝しています。


今後のことを考えると、そろそろ会社を一元化していくことが必要だなと思いながらもなかなか着手できなかったのですが、ようやくひとつの整理がつけられることになりました。



法務局の受付で待ち合い番号をひいたら、なんと!「122」番で、あまりの偶然に鳥肌が立ちました。でも、なんだかとっても幸先がいいような気がします。


posted by atsu at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013年今年もありがとうございました。

今年は私にとって、停滞していたことや、先延ばしにしていたものにひとつずつ答えを出していくことができた1年でした。

基本的に優柔不断&先延ばし体質なんですが、決めたら早い。

一番大きな出来事は、父の納骨でした。4年間、とても寂しくて決心がつかなかったのですが、やっと納まるべきところに納めることができました。
叔父や叔母たちがいろいろ助けてくれて、これが最善のことだと思えました。


誰に何を言われても右から左の時もあれば、ふとしたことで物事が進むタイミングもあるのだなと思います。

自転車旅行や、風船のおばちゃんに会いに行ったこと、着物に釣りに・・・とやりたいことを思い切りやってみたことで、いろいろな人と関わってたくさんの大事なことを学べたような気がします。

今年の半ば頃、思い立って「やってみたい100のこと」を具体的に書き出してみました。その100個をクリアしたらまた100個・・・とやっていけばとっても充実するんじゃないかと思って。

ところが!

やりたいことって30個くらいしかなかったのです。仕方がないので「実現しそうにないけどやってみてもいいこと」にまで広げて42個。やりたいことって意外と少ないことにびっくりしました。
そしてそのうち5個をクリア。100個のやりたいことを企画して実現させるまで、まだまだ道のりは遠いです。

来年は、また新にやりたいことが出てくるのかもしれないけれど、それはそれでワクワクしつつ、今年準備していたことを形にしていける年にしたいと思っています。

いい年になりますように。



posted by atsu at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

反物から帯を仕立てる

着物や帯に関すること、いろいろ興味が湧きすぎて今度は、帯を反物から仕立ててみることに挑戦。
アンティークの帯は柄も素敵なうえに買いやすい値段なのでついついいっぱい買っちゃいますが、その中でもできるだけ状態のよいものをセレクトしてます。
反物の状態で売られているものは、新品であることが多く、買ったはいいけど仕立てられることもなく手放されたという運命をたどったものたちです。ここはひとつ、私の手で生き返ってもらおうじゃないかと思いました。

372帯仕立て02.jpg

こちらは手描きの塩瀬です。保存状態がとても良かったのでしょう、白なのに変色も一切なし。

372帯仕立て03.jpg

こちらは織りの名古屋帯。糸菊の模様がツボでした。


372帯仕立て01.jpg

帯芯を買いまして、いきなり二部式帯に仕立てるので柄の出し方を検討して切る場所を決めます。
ミシン仕立てですが、和裁なのでキセをたっぷりとって長距離を縫います。

372帯仕立て04.jpg

最大の難所は、ひっくり返すこと。二部式だからまだマシだけど、ながーい筒状のものをひっくり返しながら、芯がねじれないように整えるんです。

372帯仕立て05.jpg

自分の腕をかぎ針がわりにして。二の腕があんまり太くなったらあかんのよ。

で、アレコレ処理をして、

372帯仕立て06.jpg

出来上がり!
使いまわせそうな帯ができました。北欧生地やインド綿、洋服の生地で作ることも可能です。技さえ身につければふざけた帯も作れるようになります。やっぱりヒョウ柄?


着物にはまったのは今年の2月で、考えてみればまだ1年経ってないのですが、いろんなことを体験させてもらいました。それもこれも師匠との出会いのおかげです。
マンションの同じ階に住むご近所さんから仲良くなって、尊敬する師匠であり、楽しい友人であり、相談できる母のようでもあり、師匠のお母様ともどももうひとつの家族のように接してくれる存在となりました。
東京は砂漠じゃないぞー。

たかが着るものだけれども、着物をきることで行く場所、見るもの、出会う人、引き締まる気持ち、少しずつでもなにか、世界が変わったように感じたそんな着物元年でした。
捨て去られたモノ、忘れられそうになっているモノの中に本当に大事なものが残っているのかもしれません。

372帯仕立て07.jpg

着物を着るようになって2ヶ月めくらいだったか、師匠と出かけた先で写真を撮ってもらい、「美しいキモノ」という雑誌に載りました。

372帯仕立て08.jpg

みなさんが素晴らしい着物をきている中、古着コーデで恥ずかしいですが、着物元年の良い記念となりました☆

posted by atsu at 15:55| Comment(2) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

江戸っ子と行く浅草観光

371浅草01.jpg

今まで何回か訪れたことがあるけど、案内してくれる人ごとにオススメポイントや見え方が違うおもしろスポット、浅草。私が両親や友達を案内した時のことを思うとどんだけ浅いねんっと反省。
今回は生粋の江戸っ子師匠と浅草に行ってきました。

浅草寺のお参りの仕方からして、違いました。みんなが並んでいるところにはもちろん並ばず、さらに内側へ。

371浅草02.jpg

そして、五重塔。

371浅草03.jpg

通常は入れないのですが、参拝証をもってはるので毎月1回、塔の中にはいれる日があるんです。

371浅草04.jpg

スカイツリーも見えますよ。

さらに昨日は、年3回だけの特別に五重塔の中まで入れる日でした。

階段をひたすら上がった先には、

371浅草05.jpg

仏舎利という、お釈迦さまのご遺骨が天井にあります。

371浅草14.jpg

塔の上からは浅草の町が見渡せます。花やしきもいつか行ってみたい。


おなかがすいたので、ランチは、

371浅草13.jpg

「どぜう」そう、アレです。

371浅草11.jpg

座敷で食べる昔ながらのスタイル。

371浅草07.jpg

こっ、これか!初めてみたかも。
正直、ちょっと見た目が抵抗あるというか、鳥肌というか、ドキドキですけど・・・・。

371浅草08.jpg

ネギをたっぷりかけたらいけそう。

371浅草09.jpg

柳川風も。これは問題なし。

371浅草10.jpg

ウナギよりもさっぱりしてて、美味しかったです。幸せ〜♪

371浅草12.jpg

絶対こぼしたらあかんので、こういうときは、ながーい手ぬぐいが便利。


こないだ神戸の友達と、東京やしもんじゃ行こう!となりましたが、江戸っ子に言わせるともんじゃは「駄菓子」らしいです。

今度関西の友達を案内することがあれば、知ったかぶりでどじょう屋さんに連れて行こうと決めました。


posted by atsu at 01:54| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

二部式帯の着付け教室

私が着物の着方を教えてもらったのは、今年の2月。
いつも素敵にお着物を着ていらっしゃる、同じマンションの方に声をかけたのがはじまりでした。それまで着物は何か特別な時に着せてもらうものだと思っていたのですが、
「帯を切ったら簡単に着られるのよ。」という言葉が突き刺さり、さっそく弟子入りを志願しました。

師匠がまずは、切っていない帯で着せてくださり、お太鼓結びを。それから切った帯でお太鼓結びを。この違いは目からウロコの体験でした!!

そして、着物の着方と二部式帯での結び方を教えてもらい、忘れないうちに翌日ひとりで練習してみました。
初めて自分で着物をきれたのでちょっとお散歩でもいこうかなと、気恥ずかしいながらもマンションのエレベータを降りたところで師匠とばったり。

「あらー、ちゃんと着れてるじゃないの、たいしたもんだわ!!」と褒めてくださり、あちこちお直しもしてもらいましたが、とっても喜んでくれました。


それからは着物の世界に魅了され、師匠にもいろんなことを教わり、友達に着せる練習をして一緒にでかけたり。新しい楽しみが増えました。

そして、1日で着られるようになる二部式帯レッスンを神戸と東京で要望があれば開催しています。

370二部式帯着付け教室08.jpg

1人目は妊婦さん。

370二部式帯着付け教室05.jpg

七五三に自分で着たい!とのことです。ブラッシュアップレッスンに2週間後にもいらっしゃったけれど、サクサク着れるようになってました。
二部式帯は、がっちり作り帯ではないので妊娠中も、産んだあとでも同じ帯のサイズで大丈夫。
細い人も太い人も着やすくて、前の柄の位置も調整しやすい。

370二部式帯着付け教室07.jpg

それから、170センチと高身長の方。

370二部式帯着付け教室06.jpg

着物はきたいけど、着付け教室に通う時間もないからこの機会にぜひ!と習いにこられました。妊婦さんのともおなじ、150センチの私の貸した帯でもばっちり◎

370二部式帯着付け教室02.jpg

そして、こちらも七五三ママ。七五三まであと4日しかないけれど着れるものならやってみたい!ということなので、レッスンに来られました。

370二部式帯着付け教室01.jpg

3人の子育て中なので時間がないなかでしたが、大丈夫でした!

でも、乳飲み子を抱えた中、当日スムーズにひとりで着れるかどうか、ちょっぴり不安なので、
二部式帯の作り変えを特別仕様にしておきました。「スーパー甘やかし帯」。

370二部式帯着付け教室04.jpg

帯枕にすでに帯揚げをちょいと縫いつけて、二重太鼓の形も縫いとめておいて、

370二部式帯着付け教室03.jpg

あとは背負っちゃって、教えた手順どおり紐などをむすべば完成!!

七五三が終わったらまたゆっくり習いに来てください。


私は長い帯結びは出来ないので、もったいないといって眠らせておくほうがもったいないので全部切っちゃいましたが、思い入れがあったり、高かったりして帯を切るのに抵抗がある人が多く、その気持ちもわからなくはないので、そういう場合はアンティークなどで買って1本着れる用の帯を作っておくのをオススメしています。

二部式帯の着付け教室、気になる方はお問い合わせください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
読んでくれてありがとう。
posted by atsu at 18:49| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

カラシ色ファーバッグ

369カラシファーバッグ01.jpg

10月なのにまだ暑い日もありますが、フェイクファーでバッグを作ることになりました。

369カラシファーバッグ02.jpg
369カラシファーバッグ03.jpg
369カラシファーバッグ04.jpg

形やハンドルの色、内側の色などいろいろ考えて・・・

369カラシファーバッグ05.jpg

第1号は、オーソドックスにA4がはいるサイズのトートバッグが完成!

369カラシファーバッグ06.jpg

内ポケットもついてます。ふわふわ軽いトートバッグです。

369カラシファーバッグ09.jpg

もちろん、手でも持てるし、

369カラシファーバッグ08.jpg

肩にもかけることができますよ。

369カラシファーバッグ10.jpg

木に掛けてみたら、なんだか忘れ物?みたいになりました。この木にバッグをいっぱい吊るしたいな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
読んでくれてありがとう。
posted by atsu at 22:45| Comment(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

瀬戸内横断!自転車の旅 その2

ハラが減っては戦はできぬ。

368しまなみ01.jpg

とりあえず朝ごはんを調達して、

368しまなみ02.jpg

ふたたび、しまなみ海道サイクリングロードへ。
昨夜の打ち合わせで決めた大三島脱出ルートは海岸線を走るナイスなチョイスでした。

368しまなみ04.jpg

この日も晴天で、景色も最高☆

368しまなみ03.jpg

ポーズとってみる。

368しまなみ09.jpg

走って、走って、

368しまなみ05.jpg

多田羅大橋〜♪

368しまなみ06.jpg

ランチは、伯方の塩ラーメンと

368しまなみ07.jpg

伯方の塩ソフトクリーム。

368しまなみ19.jpg

またまた走って、

368しまなみ08.jpg

橋って、

368しまなみ10.jpg

のぼって、

368しまなみ11.jpg

このあと止まろうとして着地した足がガクガクでぱったりコケます。

368しまなみ12.jpg

で、ラストブリッジ。

368しまなみ13.jpg

のぼりきったぞ〜。

368しまなみ14.jpg

おおしまっ!

368しまなみ15.jpg

バンザーイ!

368しまなみ16.jpg

今治駅に到着して、

368しまなみ17.jpg

GOAL

だいたい100キロでした。

この秋、ひとりでもしまなみ海道走ってやろうと思っていたけど、とんでもない。
ひとりだったら多分、途中でココロ折れてました。みんながいるから頑張れた自転車旅。
基本的に運動は苦手だし、自転車も好きでやりはじめたわけでもないけれど、こんな旅ならまたしたい。
そして、そういうのを楽しめる体力を少しでも長くキープ、できれば向上しておきたいなと思う今日この頃です。

帰りの電車の中では、次どこ走る?の話ばかりしてました。


368しまなみ18.jpg

あ〜、満腹。


posted by atsu at 18:15| Comment(2) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

瀬戸内横断!自転車の旅 その1

いよいよ自転車の旅の前日、久々に自転車を輪行袋にいれてみたら、

367しまなみ19.jpg

ペダルが飛び出た!

前回、宮崎を走るのに飛行機に乗せたときは家からタクシーだったし、空港ついてからはおじさんが迎えにきてくれたしで、あまり自力感なく輪行しましたが、今回は新幹線や電車にのせるという試み。

367しまなみ20.jpg

なるべく持たなくていいように、押していける形にできました。
この形を駅前で朝、つくりあげる自信がないので、家から押していくことに。
無事、予定の新幹線に乗せれたときは、旅の40パーセントは成功したなと思いました。


367しまなみ22.jpg

尾道に到着〜♪

367しまなみ02.jpg

仲間たちと合流していよいよ出発です。
30代、40代、50代の紳士たちと行きました。自転車女友達捜索中。

367しまなみ03.jpg

まずは向島まで船で移動。

367しまなみ21.jpg

島の中を走って、1本目の橋〜。橋をわたるってことは、登るってことなのね。あと5本もある。。。

367しまなみ05.jpg

橋の中を、自転車とバイクが走ります。

367しまなみ06.jpg

ごほうびは、尾道ラーメン。

367しまなみ07.jpg

しばらく行くと恐竜にでくわすので、

367しまなみ08.jpg

撮影会。一生懸命撮ってくれます。ありがとう。

いろいろ寄り道して、大福食べたり、ソフトクリーム食べたり、たこ天食べたりして・・・

367しまなみ09.jpg

また橋〜♪

367しまなみ10.jpg

通行料はだいたい50円。

367しまなみ11.jpg

またまた橋〜♪

このあと、しまなみ海道を外れて、大三島の宿と温泉のあるほうに向かいます。
これで今日のマックスは越えたと思ってたら、とっても長い峠に出くわしました。もう、前に進むしかないのでなんとか乗り切ります。

367しまなみ12.jpg

峠を越えたら、一番の楽しみ晩御飯。

367しまなみ13.jpg

5時開店の7時半ラストオーダー。島の夜は早い。
とっても安くて美味しいご馳走が食べれます。

367しまなみ14.jpg

ウニ&いくら丼。走った甲斐がありました。

367しまなみ16.jpg

近くの神社を散策し、

367しまなみ15.jpg

とっぷり日も暮れていきます。
あとは、温泉と翌日のルート会議と、モノマネ罰ゲームをかけての将棋くずし。
夜まで騒いで、いい大人たちが少し注意されました。


367しまなみ17.jpg

走行距離50キロ弱。距離はそれほどでもないけど、アップダウンがなかなかのもんでした。
でも、1本のぼりきるたびに、「まだいける、まだまだいける」とへんな自信がでてきます。
ある程度Mっ気ないと無理かもしれない。


つづく。
posted by atsu at 15:16| Comment(0) | 旅・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。